うちしおれている者を慰める神

うちしおれている者を慰める神

うちしおれている者を慰める神 (時をこえて-信仰篇 2022.10.10) 愛する娘が入院しなければならなくて、そしてそれがいつ再び会うことができるかわからないと、医師に言われたら、どんなに心が砕けてしまうことでしょうか? 私たちの場合は、そうでした。すべてが突然で、すべて私たちの力の及ばないところで物事が進んでいっているようで、私たちは、何をしたらいいか全くわからない状態でした。...

10月4日

産みの苦しみ 二〇一二年十月四日 ひとしずく九六二  先日、那須で知り合いになったある芸術家の方が、東京で展覧会を催しているので、友人と妻とで行ってきました。ちなみに、都庁の中庭にある、てんとう虫のモニュメントは彼の作品です。...
なぜ黙示録?

なぜ黙示録?

イエス・キリストの黙示。この黙示は、神が、すぐにも起るべきことをその僕たちに示すためキリストに与え、そして、キリストが、御使をつかわして、僕ヨハネに伝えられたものである。 ヨハネは、神の言とイエス・キリストのあかしと、すなわち、自分が見たすべてのことをあかしした。 この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである。時が近づいているからである。(黙示録...

10月3日

あなたのための神の御計画 (TFI 十二の礎石 12B 「神の道を行く」よりひとしずく九五五に引用) 「たとえ、自分がどんなに弱く感じても、神はあなたを使われます。」 ずっと昔、大都会で、有名なバイオリニスが千ドルもするバイオリンを弾く演奏会が催されることになりました。当時の千ドルはものすごい金額です。会場は満員でした。大勢の人が音楽を聴くだけでなく、高価なバイオリンを一目見ようとやって来ました。...

10月2日

形から抜け出す パート二(二〇一二年十月二日 ひとしずく九五三) 神がもっとも私たちに望まれていることとは何でしょう? それは、「神を愛し、隣人を愛する」ことです。 イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を 愛せよ』。これがいちばん大切な、第一のいましめである。第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。これ らの二つのいましめに、律法全体と預言者とが、かかっている。(マタイ二二章三七~四〇節)...